ヘルペスにはバルシビル

『ヘルペス』というワードを聞いたことはありますか?
一般的に風邪や熱などにより体調を崩してしまった際に疲れなどから口唇のあたりにブツブツとできものができ、水ぶくれのようになる為見ているほうも痛いぐらいです。
10分の1の確率で経験者がいるほど、ごく身近な病気ですが毎日誰かしらと顔を合わせることを考えるとビジュアル的にも宜しくないので女性なら特に気にする方も多いはずです。

他にも背中から腹にかけて帯のように水ぶくれになることもあり、これは口周りと違って体内のウイルスが神経に沿って出てくる為すごく痛いのが難点です。
完治するまでも3週間から一か月ほどの時間を要する為、睡眠やお風呂の際はなどはものすごく苦痛でしょう。

バルトレックスというヘルペス治療の薬がありますが、この後発薬として『バルシビル』が今人気の商品ですね。
抗ウイルス薬として開発されたものですが症状が経過するのをなるべく防いでくれる役目があり、ウイルスが繁殖するのをできる限り防止します。
バルトレックスも根強い人気があり、更に安いジェネリック医薬品『バルシビル』は製薬大手のシプラ社が製造していることもあり安定した支持率があります。

比較的簡単に治療することが出来また、効果も十分に高いのでよく何度もヘルペス治療の必要がある人に取れば予備として常備することで防止する作用もあります。
『新薬は効果が無かったから後発薬も同じ効き目だろうな』という認識は大きな間違いです。
成分は変わりがないため同等の効果を得ることが出来ますが、製造メーカーが違う為製法も異なります。
バルトレックスはあまり相性が合わなかったけどバルシビルはすごく効いた、という例もありますしその逆も然りです。

薬を定期的に飲むことがなるべく早く治すための近道です。またヘルペスは他人に感染することもある為できるだけ周りに迷惑はかけたくありませんよね。
きちんと自分で管理しながら薬を飲むことで、ヘルペス治療は簡単に行えますのでお困りの方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。